新着情報

1985/08/14
テスト

サステナビリティ ニュース

知的財産
具体的な取り組み

特許事務所や行政機関との協働

国内のほか、海外主要国の特許事務所との協働を通じ、事業展開に必須の知的財産権取得に注力しています。海外特許事務所とは、特許弁護士との直接コミュニケーシ...

サスティナビリティの取り組み
ステークホルダーとの対話 実績

お客さまセンター窓口の受付件数(2019年度)

サプライチェーンにおける環境への影響
各製油所・事業所の環境データ

徳山事業所

  単位 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 ...

サスティナビリティの取り組み
重点課題(マテリアリティ)とSDGsの関連性

重点課題(マテリアリティ)とSDGsの関連性

当社グループでは、事業を通じて社会に貢献することを大切にしています。社会発展に貢献しながら、人々のライフラインを支えるエネルギーを供給し続けることが使...

社会貢献活動
地球環境とのつながり:海外拠点での取り組み

インドネシアにおける森林再生活動

2004年にインドネシアにおける潤滑油の製造販売会社として設立された、出光ルブテクノインドネシアは現地のNGO「Orangutan Infor...

人権に関する考え方、取り組み
人権に関する考え方、取り組み

人権に関する取り組み

2020年度の取り組み 人権デュー・デリジェンスの実施 日本国内・海外の関係会社(計241社)に対し、さまざまな国際基...

社外取締役メッセージ
社外取締役メッセージ

社外取締役 橘川 武郎

エネルギーを供給し続けるとともに、 脱炭素社会の構築に資するイノベーションを 社外取締役 橘川 武郎 ...

安全の確保
安全・衛生に関する取り組み

新型コロナウイルス感染拡大への対応について

製油所・事業所で実施する定期補修工事において、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、工事規模の縮小と工事期間延長による動員数の平準化を行いました。...

生物多様性の保全
当社事業バリューチェーンの中で生物多様性に与える影響の正確な把握とその対応

原料・エネルギー輸送

バラスト水を経由した、外来種による生物多様性への影響と対策 2017年9月8日に発効したバラスト水管理条約(船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び...

安全の確保
安全・衛生に関する取り組み

安全保安諮問委員会

2019年度の安全保安諮問委員会では、2005年以降に実施してきた地震リスクマネジメント指針について、従来採用してきた再現周期ごとの短周期地震動の再評...

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み
仕事と家庭の両立

基本的な考え方

当社は、両立支援、次世代育成をD&I推進の重点施策の一つと位置付け、ライフイベントに沿った制度の拡充を進めています。仕事と家庭(育児・介護)を...

リスクマネジメント
情報管理

社内教育

情報セキュリティに関するeラーニング 毎年、全てのITシステム利用者が順守すべき規則を学習することを目的に、「情報セキュリティに関するeラーニン...

デジタル変革の取り組み
デジタル変革の取り組み

従業員の新しい働き方創造(Digital for Idemitsu)

業務プロセス変革を全社横断的に進めるために、事業部間のシナジー創出や全体最適化に資する複数の実地検証を4月よりスタートし、各成果確認後、スモールスター...

職場風土改善・やりがい向上の取り組み
インナーコミュニケーションの強化

インナーコミュニケーションの強化

新型コロナウイルス対策感染症拡大の対策の一環で、在宅勤務となった社員のフォローとして、インナーコミュニケーションの強化に取り組みました。2020年4月...

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み③ 再生可能エネルギー発電の拡大

再生可能エネルギー発電の拡大

当社グループはより低炭素なエネルギー供給を目指す上で、2020年10月末現在で海外ではベトナムなどで、国内では新潟、大分、神奈川、青森などの各地で太陽...

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み④ バイオマス燃料の供給拡大

バイオマス燃料の供給拡大

再生可能エネルギー発電と同様に、当社グループはより低炭素なエネルギー供給を目指す上でバイオマス燃料への取り組みを進めています。具体的には、石炭火力発電...

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み
仕事と家庭の両立

ライフイベントに応じた仕事と育児の両立支援策

施策の概要 施策Ⓐ【全社員】ライフイベントとキャリア形成に関する、制度や関連情報の提供 施策Ⓑ【...

人材育成
グローバル人材の育成

(タイトル非表示)

エネルギー業界においても、今後一層、国境を超えたグローバル競争が激しさを増していくことが想定されます。そこで、コミュニケーションツールとしての英語力向...

コーポレートガバナンス
取締役会の主な審議事項

取締役会の主な審議事項

2019年度の取締役会では、2019年7月実施の吸収分割をはじめとした経営統合関連事項の審議や、11月に公表した中期経営計画について複数回の審議を行う...

人材育成
コンピテンシー開発

(タイトル非表示)

行動指針を高い次元で体現していく人材を増やしていくために、特に高めていきたい「自立・自律」「変革」「共創」とそれらの延長線上にある「成長」の4つは、更...

出光グループのサステナビリティ
中期経営計画

2030年の定量目標

2030年の定量目標を以下のように定めていますが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う事業環境変化、エネルギー基本計画の動向も踏まえ、見直しの上、開示する...

安全の確保
全社教育

2019年度全社安全スローガンがついに決定!

2019年度のグループ安全スローガンを当社グループおよび協力会社から募集しました。3,308通の応募の中から選考の結果、今年度のスローガンは『職場の安...

サスティナビリティの取り組み
マテリアリティ特定プロセス

マテリアリティ特定プロセス

当社では、日本発のエネルギー共創企業として多様なステークホルダーの皆さまと共に新たな価値創造に挑戦し続けるために、優先的に取り組むべきことを長期的な視...

出光グループのサステナビリティ
2030年ビジョン・行動指針

2030年ビジョン

責任ある変革者 エネルギーの安定供給と共に社会課題の解決に貢献することが当社の責務と認識し、 3つの責任を事業活動を通じて果たしていく。 ...