Environmental Management / Environmental Policy 環境マネジメント/環境ポリシー

環境対応の基本認識

環境対応の基本認識

日本の自然は、変化に富んだ四季を持ち、さまざまな形でその地に住む人々に恩恵を与えてきました。その一方で、国土が置かれた地理的な条件から、世界の中でも有数の自然災害の多い国として、地震や火山の噴火、台風、洪水など、ときにして人々に大変厳しい試練も与えてきました。
このような温かさと厳しさの両面を併せ持つ自然と長年に渡って付き合うことにより、日本人は、自然に対して深い愛情と畏敬の念を持ち、自然と共生しお互いに助け合う文化や価値観を育んできました。
当社グループは「日本発のエネルギー共創企業」として、人々が長年に渡って培ってきたそのような文化や価値観を大切にした経営を行ってきました。その考え方は、当社が事業活動を遂行する際にも大変重視しており、当社の製油所・事業所では、周囲に公園の様な緑地帯(グリーンベルト)を設けるなど、自然や地域の人々との共生に努めています。

写真
写真

近年では地球規模でのさまざまなリスクの中で、環境関連のリスクが上位を占めるようになってきており、環境課題問題への取り組みの重要性が益々増大してきています。当社グループは「環境との調和」を経営ビジョンに掲げ、地球規模での課題問題に対して、事業活動を通じて、積極的に貢献していきたいと考えています。
地球規模でのさまざまな環境課題問題は、各々が単独で存在するものではなく、相互に強く関連しています。当社グループはその全体像と問題の本質をきちんと認識した上で、当社として取り得る具体的な対策を着実に推進してまいります。

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ