Response to Climate Change 気候変動対応

GHG削減に向けた取り組み① 省エネルギー・消費電力ゼロエミッション化の推進

省エネルギー・消費電力ゼロエミッション化の推進

製油所・事業所・工場などからの直接・間接のCO2排出量削減を推進していきます。なお、主な製造現場で省エネ活動の進捗管理や好事例の横展開を行う会議を毎月実施しています。

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

重油直接脱硫装置の効率化改造工事の実施

2020年5月に千葉事業所において、重油直接脱硫装置(RH装置)の効率化改造工事を実施しました。この工事はIMO(国際海事機関)が定める船舶用燃料の低硫黄分規制へ対応を図るものです。

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

高効率ナフサ分解炉の建設(徳山事業所)

徳山事業所における高効率型ナフサ分解炉の導入に向け、現在建設を進めております(2020年度完成予定)。エチレン製造装置内にある旧型のナフサ分解炉2基を停止し、新設する高効率ナフサ分解炉1基へ置き換えることにしました。高効率ナフサ分解炉は原料を短時間で熱分解することで、エチレンの得率を高め、熱効率を向上させます。これにより、従来の分解炉によるエチレン生産時と比較し約30%の省エネルギー効果が発揮できます。

写真
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

再生可能エネルギー由来電力の利用拡大

2020年度から国内の油槽所15拠点にて、当社グループである出光グリーンパワー(株)提供の再生可能エネルギー由来電力(契約電力量2,200kW)を使用することとしました。

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

海上油田への再エネ電力供給

当社グループの出光スノーレ石油開発(株)はノルウェー現地法人出光ペトロリアムノルゲを通じ、権益を有するスノーレ油田において、浮体式洋上風力発電導入の開発計画をノルウェー政府に提出し、同政府から承認を得ました。今後、2022年末の運転開始に向け、2020年10月に浮体式洋上風力発電設備の建設を開始、その後ノルウェー西部のグレン(Gulen)地区で組み立て、洋上設置作業を行う計画です。当開発計画は、ノルウェー西部ベルゲン市の沖合約200kmの位置に、定格8千kWの浮体式洋上風力発電設備11基(計88千kW)からなる洋上ウィンドファーム(名称:Hywind Tampen floating wind farm)を建設し、石油ガス生産設備へ直接接続するというもので、世界初の試みです。
当社は今後も、先進的な技術を積極的に取り入れ、資源事業における環境負荷低減を推進していきます。

写真
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ