Biodiversity Conservation 生物多様性の保全

生物多様性保全に関する考え方

生物多様性保全に関する考え方

Theme thumb 32 %e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%a4%9a%e6%a7%98%e6%80%a7%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88%e4%b8%80%e8%a6%a7

地球上には多種多様な生物が生息しており、それら生物が複雑に絡み合って生態系を形成することで、さまざまな外的変化を吸収し、元の状態に戻す復元機能が備わっているといわれています。当社グループは、「環境保全の方針」のもと、この生態系を次世代に引き継ぎ、多様な生物が生息し続けられる環境を維持することが、企業の果たすべき重要な使命と認識し、経営ビジョンにある「共創」のもと、「環境保全の方針」の生物多様性の重要性を認識し、その維持に積極的に貢献する」ことを目標に地域との連携を築き生物多様性保全に取り組んでいます。

取り組みにおいては「環境保全の方針」のもとで汚染防止、資源の有効利用、生物多様性の維持などの観点から環境マネジメントシステムに組み入れて実践しています。当社は過去からの生物多様性保全に関する取り組みと、近年グローバルレベルで求められている内容を融合させ、以下に示す本分野の取り組みを行っています。

  1. 主要事業拠点と生物多様性の観点で保護が必要な地域との近接状況把握
  2. 当社事業バリューチェーンの中で生物多様性に与える影響の正確な把握とその対応
  3. 生物多様性保全における地域コミュ二ティとの連携

また、産業界においては経団連自然保護協議会常任委員企業として政策提言等に関与しています。

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ