Biodiversity Conservation 生物多様性の保全

取り組み① 事業活動を通じた取り組み

事業により発生するマイナス影響の低減

事業を通じて排出される排ガス、排水や廃棄物などは生物相や生態系に少なからず影響を与える可能性があります。これらの影響を最小限に抑えるため、各国・地域で排出に関する規制がありますが、それらに確実に準拠することで事業によるマイナスを最低限に抑えています。

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

事業を通じてプラスの効果を創出

石炭の採掘事業は地下に埋蔵されている石炭を掘り出すため、露天掘りの場合には表土を削り取ることになります。その時点においては生物多様性の観点でマイナスの影響を与えることになります。しかしながら、採掘が終わった部分に表土を戻して、原状と同じ種類の植物を植えるという生物多様性の回復に努める活動(リハビリテーション)を行うことで、周辺環境への影響を最小限にとどめています。なお、当社では土地利用にも考慮しながら取り組んでいます。
当社の豪州の石炭鉱山では、過去に掘削した面積、リハビリテーションを実施した面積などを情報開示しており、今後も継続していきます。

図
豪州石炭採掘跡地のリハビリテーション実施状況
  • (単位:ha)
区分 2017年実績 2018年実績 2019年実績 2020年見込
A. 採掘実績 1337.8 1300.5 1433.9 1499.4
B. リハビリ未対応 1179.1 1062.3 1338.6 1196.5
C. リハビリ準備済 N/A N/A N/A N/A
D. リハビリ実施中 158.7 238.2 263.7 302.9
E. リハビリ完了 None None None None
2018年リハビリテーション
実施エリア(1年経過)
写真
2010年実施エリア
(9年経過)
写真
2008年実施エリア
(11年経過)
写真
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ