Human Rights

人権に関する考え方、取り組み

人権に関する考え方

当社グループは、人が持つ無限の可能性を信じ、多彩な従業員が多様なステークホルダーとの共創を通じて世界の国々・地域にエネルギー製品・サービスを提供し、人々の明るく豊かな生活に貢献したいと考えています。
私たちのこの想いを実現していく上で、「人権の尊重は全ての判断や行動において根底をなすもの」と考えており、これを当社グループの全役員、全従業員が順守する基本方針としています。そして、サプライヤーを含めたビジネスパートナーの皆さまにもご理解と順守を期待しています。
当社グループは、国際社会や地域社会と調和を図り、いかなる関係者に対しても差別行為を行いません。また、身体的、精神的であるかを問わず、人の尊厳を傷付けるような言動や暴力を認めません。
日本国内はもとより、世界各国で事業を展開するに当たり、当社グループは世界人権宣言ならびに労働における基本的原則および権利に関するILO宣言に表明されている国際的に認められた人権を尊重します。また、ビジネスと人権に関する指導原則、安全と人権に関する自主原則、国連グローバル・コンパクトなどを支持しています。また、各国や地域の法令を順守し、もしそれらと国際的に認められた人権基準との間に矛盾がある場合には、法令の範囲内で国際的な人権基準を尊重する方策を追求していきます。
当社グループは、闊達なコミュニケーションおよびフィードバックの文化を促進しており、従業員は人権課題と関連する懸念について、所属長に相談することができます。また、人権に関する案件を含む行動規範への違反または潜在的な違反に対応するため、役員と従業員向けの報告相談窓口(社内・社外窓口)を設置しています。社外のステークホルダーに対しても、事業活動への懸念を通報できる窓口(お客さまセンター窓口)を設置しています。また、当社グループの人権尊重の取り組みについて随時ウェブサイトなどで情報を開示します。
当社グループの人権基本方針は、社外専門家の助言を経て、業務執行上の重要案件を審議する経営委員会、業務執行の意思決定機関である取締役会の承認を得て制定しています。

当社グループが重視する人権課題

  1. ダイバーシティの推進
  2. 強制労働の禁止
  3. 児童労働の禁止
  4. 差別の禁止
  5. ハラスメントの禁止
  6. 結社の自由と団体交渉権の承認
  7. 労働環境の整備
  8. 土地や水、天然資源の使用
  9. 先住民の権利の尊重
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

人権に関する取り組み

2020年度の取り組み
  1. 人権デュー・デリジェンスの実施
    日本国内・海外の関係会社(計241社)に対し、さまざまな国際基準に基づいたESGに関する設問(約80問)を用いてスコアリングを行い、人権リスクの特定を実施しています。リスク特定の結果に基づき、リスクの高い事業を中心に対策を講じます。
  2. 役員および従業員に対する人権基本方針の浸透
    人権に関する基礎知識の習得や当社が重視する人権課題への理解を目的に、役員及び全従業員を対象とした人権啓発活動を開始しました。初段としては、他社の児童労働の事例や出光グループ人権基本方針に定めた強制労働、差別、ハラスメントの禁止等を中心とした資料を作成し(和文・英文)、役員・従業員に人権リスクの存在への意識を強化しています。資料内のアンケートに対しても多くの従業員から回答が寄せられ、人権に関する従業員の関心の高さがうかがえました。今後、アンケート結果を分析の上、今後フォーカスすべき人権テーマや具体的取組み等に反映してまいります。
人権デュー・デリジェンス推進の過程
図
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

ハラスメント防止の取り組み

職場のハラスメントに対する基本方針、考え方

当社グループは、「人権の尊重は全ての判断や行動において最優先させるべきこと」と考え、国際社会や地域社会と調和を図り、いかなる関係者に対しても差別行為を行いません。また、身体的、精神的であるかを問わず、人の尊厳を傷つけるような言動や暴力を認めません。ハラスメントのない健全な職場環境の確保に向けて、従業員一人ひとりが理解を深め、全ての従業員の人権が尊重され、またその能力をいかんなく発揮できる職場環境を整えるために、ハラスメントの防止対策およびハラスメントが生じた場合の適切な対応に当たって基本方針を策定しています。また、人事部、内部統制推進室、サステナビリティ戦略室が部門横断で具体的な取り組みを推進しています。

職場のハラスメントに対する基本方針
ハラスメント相談対応スキルアップ研修

従業員からのハラスメントに関する相談に、適切な対応で応えていくスキルを学ぶため、2020年10~11月に、各部門および関係会社の人事担当役職者と相談対応担当者を対象として、「ハラスメント相談対応スキルアップ研修」を開催しました。計98名が参加し、相談を受けるときの心構えやポイント、相談者の心情への理解を深めることができました。

ハラスメント防止研修

2018年12月から、セクハラ・パワハラ・マタハラなどのハラスメント撲滅を目的に、役職者を対象としたハラスメント防止研修を開催し、本社・事業所・支店の役員・役職者計1,065名(2020年9月末現在)が参加しました。研修会では、職場で起こるセクハラ・パワハラについて理解を深め、その防止に向けた役職者の役割を考える機会となりました。今後も、これらの研修を継続して、ハラスメントのない職場づくりに努めていきます。

写真
職場におけるハラスメント防止ガイドを発行

ハラスメントのない健全な職場環境整備のため、全ての従業員に対して、ハラスメントを「しない、させない、許さない」ことを徹底するために、具体的な防止ガイドを作成し、全従業員に周知しています。

表紙画像
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ