Diversity and Inclusion (D&I) Initiatives ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み

D&I意識向上の取り組み

アンコンシャス・バイアス研修の開催

アンコンシャス・バイアスとは、誰もが持っている「自分自身では気付いていない物ごとの捉え方の偏りやゆがみ」のことです。リスク回避の側面では有効である一方で、無意識に決め付け、相手への押し付けが起きている場合は、職場や個人に対してネガティブに作用することもあり、D&I推進の阻害要因(女性社員などの成長機会や、イノベーションの機会の損失など)、ハラスメントの要因の一つと考えられています。
当社グループは、D&Iは一人ひとりの違いや背景などを受け入れ、お互いを尊重することが原点であると認識しています。そこで、社員一人ひとりがアンコンシャス・バイアスに気付き、相手への理解や職場内のコミュニケーションの向上、イノベーションが生まれやすい風土づくりを目指す方策の一つとして、役員も含めたトライアルを実施し、アンコンシャス・バイアス研修を全社展開しています。2020年11月までに、役員・社員がeラーニングを受講しています。

取り組みの全体像
図
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

D&I体験会

2018年10月から出光興産・昭和シェル石油の各部門などのニーズに合わせて開催し、これまでに延べ826名(2019年12月末現在)が参加しました。体験会では、職場で経験しがちなジレンマ(育児と仕事の両立など)をテーマに、グループ内でディスカッションすることで、メンバーと自分の考え方や価値観、大事にしていることの違いを認識します。今後も体験会を実施し、D&Iによる多様な人材の活躍を推進していきます。

写真
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ