Diversity and Inclusion (D&I) Initiatives ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み

D&I意識向上の取り組み

アンコンシャス・バイアス研修の開催

アンコンシャス・バイアスとは、誰もが持っている「自分自身では気付いていない物ごとの捉え方の偏りやゆがみ」のことです。リスク回避の側面では有効である一方で、無意識に決め付け、相手への押し付けが起きている場合は、職場や個人に対してネガティブに作用することもあり、D&I推進の阻害要因(女性社員などの成長機会や、イノベーションの機会の損失など)、ハラスメントの要因の一つと考えられています。
当社グループは、D&Iは一人ひとりの違いや背景などを受け入れ、お互いを尊重することが原点であると認識しています。そこで、社員一人ひとりがアンコンシャス・バイアスに気付き、相手への理解や職場内のコミュニケーションの向上、イノベーションが生まれやすい風土づくりを目指す方策の一つとして、役員も含めたトライアルを実施し、アンコンシャス・バイアス研修を全社展開しています。2020年11月までに、役員・社員がeラーニングを受講しています。

取り組みの全体像
図
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

アンコンシャス・バイアス研修

Step1-① Webラーニング研修

アンコンシャス・バイアス研修のSTEP1-①にあたるWebラーニング研修です。ここでは、役員、社員を対象に、①アンコンシャス・バイアス(=アンコン)とは何か、②自分自身が持つアンコンに気付く、ことを目的に行いました。受講率は9割以上となり、アンコンシャス・バイアス理解促進に繋がりました。

目的 アンコンの基本知識を得る
時期 2020/10/19~11/18
対象者 役員、社員を対象:計 6,169名
受講状況 受講者数 5,668人
受講率 92%
アンケート結果

回答者4,380人、回答率77%

アンコンを理解できた・・・98%(4,754人)
自分自身が持つアンコンに気付くことができた・・・81%(3,951人)

<コメント一部抜粋>
  • 「無意識の偏見」が日々の意思決定に影響を与える割合が大きいことを理解できた。
  • 思い返すと自分が無意識に判断しているのがよく分かった。
  • 無意識化の偏見があることを「認識する」ことの重要性を知ることができた。
Step1-② 対話型ワークショップ(アンコン対話)

アンコンシャス・バイアス研修のSTEP1-②にあたる対話型研修です。​
STEP1-① Webラーニングでの自身の持ってる無意識の思い込みを知ることに続き、多様な属性の参加者同士の対話を通じて、自ら考えて気づきを引き出し、行動変容に繋げていくことを主眼に置いています。
このワークショップのプログラムは関係役員、関係者にてトライアルを経てオリジナルの内容で作成しました。また、効果の高い対話開催を目指し、ファシリテーター教育を徹底しました。

写真
目的 対話を通じて、職場におけるアンコンの悪影響につき理解を深め、行動変容につなげる
時期 2020/11/30~2021/3/17
対象者
  • 執行役員、部室長、人事担当役職者(各職場でD&Iを実践する上でのキーパーソンを必須参加者とした)
  • その他、参加を希望する社員(役職層、担当職層)
開催状況 全86回開催、計450名参加(内、必須参加者153名(参加率97.5%))
アンケート
結果

回答者数401人、回答率89%

アンコン対話に参加して、期待以上、期待通りと回答・・・96%(385人) 
新たな気づきがあった・・・97%(390人)

<コメント一部抜粋>
  • 多様な参加者との対話で、気付いていなかったアンコンに気が付くことができた。
  • 対話型の研修は、実際の行動につながると感じた。
  • 「自分の常識は他人の非常識」であることを意識して、様々な属性の人と対話をしていく。
  • 一人ひとりの個性などを尊重し、周囲の方と共により良い職場環境づくりに取り組みたい。
Step2 アンコン講演会

アンコンシャス・バイアス研修のSTEP2として、有識者による講演および当社役員等によるパネルディスカッションの二部構成で研修を実施しました。
事後アンケートにおいて、参加者の約98%が研修参加に対して好意的回答をしており、本研修の有効性を支持する自由コメントが多くみられました。

写真
写真
目的 アンコンがもたらす組織運営上の影響や、経営におけるD&Iの重要性についての理解促進および職場風土改善に繋げる
時期 2021/3/4
対象者 主に役員、執行役員、役職者
参加状況 650名(役職者・執行役員・役職者:372名、担当者:278名)
Step3(2021年4月以降の展開)

Step1(Webラーニング、アンコン対話)、Step2(役職者対象講演会)を踏まえ、施策を検討中です。
今後も、グループ会社への展開を含む、アンコン対話の拡充や、講演会などの施策を継続的に行うことで、職場内のコミュニケーション向上、イノベーションが生まれやすい風土づくりを目指します。

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

D&I体験会

2018年10月から出光興産・昭和シェル石油の各部門などのニーズに合わせて開催し、これまでに延べ826名(2019年12月末現在)が参加しました。体験会では、職場で経験しがちなジレンマ(育児と仕事の両立など)をテーマに、グループ内でディスカッションすることで、メンバーと自分の考え方や価値観、大事にしていることの違いを認識します。今後も体験会を実施し、D&Iによる多様な人材の活躍を推進していきます。

写真
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ