Personnel Systems 人事諸制度

公平な評価と報酬

公平な評価と報酬

等級制度、育成・評価制度、報酬制度)を一本化しています。制度一本化にあたっては、2019年9月から2020年2月にかけて、国内外の拠点約30カ所で、延べ100回以上にわたり制度説明会を開催し、直接対話によって社員に制度を理解してもらい、納得感を持ってもらうよう努めました。また説明会と併せて、経営ビジョン・中期経営計画に関する意見交換会も開催し、社長や役員との直接対話を通じて、社員への理解浸透を図りました。
新しい育成・評価制度は、社員一人ひとりが評価の意味合いを感じられ、継 続的な成長につながるよう設計しています。姿勢・職務遂行を評価する「能力評価」と、成果・貢献を評価する「目標達成評価」から成っており、上司との面談にて、目標設定や達成度、伸長能力などについて確認します。評価結果は、次の成長に結び付けるとともに、報酬(給与・賞与)や人員配置・異動に反映させています。評価は年1回実施、期中には中間面談を実施し、上司と相互に達成度の状況確認をする機会を設けています。
また報酬制度は、安心感、納得感を持って働くことができる制度として設計しています。社員の給与体系は、各自のライフスタイルや価値観を尊重しつつ、その家族の幸せも大事にするという考えから、発揮能力に対して安定的に支給する基本給と、前年度の業績や貢献に対する賞与(目標達成評価)、各種手当で構成しています。

写真
人材育成に向けた制度の全体像
図
行動指針の体現に向けた成長サイクル
図
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ