Promotion of Employees’ Health 従業員の健康推進

出光グループ健康宣言

出光グループ健康宣言

出光グループは「人が中心の経営」を掲げ、尊重される人材の育成を究極の目的と位置付けています。そして人の力を最大限に発揮し社会に貢献していくことを目指します。そのためには従業員一人ひとりの健康が必要不可欠です。「すべてにおいて健康・安全を優先する」を出光グループの行動指針と定義し、「こころ」「からだ」ともに健康で、活き活きと働ける会社を目指します。従業員は自身の健康を意識し自律的に取り組むとともに、会社が積極的に支援し、従業員と会社が一体となって健康な会社を実現します。

出光興産株式会社
代表取締役社長
木藤俊一

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

従業員の健康推進に関する考え方

当社グループでは、行動指針において「すべてにおいて健康・安全を優先する」と定義しており、グループ全従業員が心身ともに健康で活き活きと働くための健康づくりを経営上の課題として位置付け、健康経営を推進しています。特に、新型コロナウイルス感染症が収束しない中では、従業員の健康の重要性は高いと認識し、メンタルヘルスケアのサポートなどを徹底しています。また、当社は「制度・施策の実行状況」や「組織体制」などが評価され、経済産業省が特に優良な健康経営を実践している企業を顕彰する「健康経営優良法人2021」の大規模法人部門に認定されました。

ロゴ
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ