Ensuring Safety 安全の確保

年度安全衛生環境基本方針に基づく取り組みと実績

年度安全衛生環境基本方針に基づく取り組みと実績

2020年度の安全衛生環境基本方針

「無事故への挑戦」を継続し、「重大事故ゼロ」 「死亡・休業事故ゼロ」 「環境異常ゼロ」を目指す。引き続き、「命を守るためのルールの徹底」を最重点とし、「安全の基本を守り・守らせる」こと、及び「仲間への思いやりと働きかけ」を推進する。

2020年出光グループの安全・衛生・環境実績(協力会社含む)
  • (単位:件)
重大事故 0
死亡事故 0
休業事故 27
重大環境クレーム 3
労働災害度数率
従業員 0.30
協力会社 0.79
強度率
従業員 0.00
協力会社 0.05
労働災害度数率の推移(災害発生の頻度)
図
  • ※労働災害度数率とは、100万延べ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数です。
  • ※2020年データの集計対象は、北海道製油所・千葉事業所・愛知製油所・徳山事業所・(株)プライムポリマー姉崎工場・BASF出光(株)・昭和四日市石油(株)・東亜石油(株)・西部石油(株)です。
  • ※事業所規模100人以上全産業平均値は、厚生労働省「労働災害動向調査」から引用しています。
強度率の推移(災害の重さの程度)
図
  • ※強度率とは、1,000延べ実労働時間当たりの労働損失日数です。
  • ※2020年データの集計対象は、北海道製油所・千葉事業所・愛知製油所・徳山事業所・(株)プライムポリマー姉崎工場・BASF出光(株)・昭和四日市石油(株)・東亜石油(株)・西部石油(株)です。
  • ※事業所規模100人以上全産業平均値は、厚生労働省「労働災害動向調査」から引用しています。
2022年度の安全衛生環境基本方針

「無事故への挑戦」を継続し、次の2つを最優先課題として推進する。
 ♦仲間への思いやりと働きかけによって、守り・守らせる風土を定着させ、’’重篤な人身事故’’に繋がる事象の防止に取り組むこと。
 ♦本社と事業所が一体となって、自律的にPDCAを廻すしくみを確実に整備・運用すると共に、一層の強化を図ること。
その結果として、次の3つを必達する。
「重大事故’’ゼロ’’」 「重篤な人身事故’’ゼロ’’」 「環境異常’’ゼロ’’」
  ※重篤な人身事故:死亡及び身体に永久障害が残る事故

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ