Risk Management リスクマネジメント

リスクマネジメントに関する考え方 / 推進体制

基本的な考え方

当社グループの事業活動に関わるさまざまなリスクを未然に認知・評価し、リスクに応じた適切な対応を講じることで、経営の安定を図ります。当社グループでは、事業活動に関わるリスクを「業務リスク」「経営リスク」の2つに分類して対策を推進しています。「業務リスク」は、事故、災害、コンプライアンス違反、業務ミス、製品の瑕疵、クレーム、環境汚染、システムダウン、テロ、労務問題などに代表される業務遂行を阻害して損失のみを生じさせるリスクです。また、「経営リスク」は、事業活動に関わるリスクのうち、業務リスクを除く利益または損失を生じさせるリスクです。投資や財務をはじめとする現在の事業戦略におけるリスクに加え、将来想定される事業環境のリスクもこれに含みます。

  • 国際情勢や経済環境などの変化によるリスク
  • 事業を取り巻く外部環境の変化によるリスク(商品市況、調達、カントリー、為替)
  • 気候変動・環境規制に関するリスク
  • 事業投資に関するリスク
  • コンプライアンスに関するリスク
  • 知的財産に関するリスク
  • 自然災害・事故などによるリスク
  • 個人情報管理に関するリスク
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大に関するリスク
出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ

リスクマネジメント推進体制

リスク経営委員会

取締役会が監督する「リスク経営委員会」が経営リスクを所管し、グループ経営に関わるリスクマネジメント方針の決定とマネジメント状況のモニタリングなどを実施しています。社長が委員長を務め、執行役員、関係部門長などで構成され、原則として半期ごとに開催しています。他の委員会などに対し重要な業務リスクおよび経営リスクに関する報告を随時求めるほか、本委員会の実施状況について、原則として年1回、取締役会に報告しています。

リスクマネジメント委員会

当社グループは、業務リスクへの対応を担当する「リスクマネジメント委員会」を設置し、適時、迅速に必要な対策を取ることを通して、業務リスクに関する全社リスクマネジメントを推進しています。経営委員会で選任した取締役または執行役員を委員長として、総務部門担当役員、総務部長、安全環境(HSSE)・品質保証部長、財務部長、法務部長、経営企画部長、人事部長、広報部長、内部統制推進室長などで構成され、定期委員会は四半期ごとに開催しています。当社グループ全体の重要リスクの選定と対策、重要リスク顕在化の兆候や新たなリスクの把握、およびその他業務リスク管理に関する事項を審議、その対策の協議や進捗管理を実施し、リスク経営委員会へ上程する役割と責任を有しています。

出光興産, 株式会社ディ・エフ・エフ