新着情報

1985/08/14
テスト

サステナビリティ ニュース

パートナーとの協働
運送会社や海運会社との協働

ローリー輸送32社で、新生「光運会」を結成~日本のエネルギーの安全・安定供給を支える~

2020年5月12日、石油製品のローリー契約運送会社32社(旧出光19社、旧昭和シェル13社)による新生の協議会「光運会」の結成総会が、ウェブ...

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み
障がい者の活躍推進

基本的な考え方

当社は、障がいのある方も能力を発揮して働くことのできる環境を整え、機会を提供する取り組みを行っています。本社事業部門や全国の各拠点での業務に加え、...

出光グループのサステナビリティ
2030年ビジョン・行動指針

2030年ビジョン

責任ある変革者 エネルギーの安定供給と共に社会課題の解決に貢献することが当社の責務と認識し、 3つの責任を事業活動を通じて果たしていく。 ...

職場風土改善・やりがい向上の取り組み
家族見学会・子ども参観の開催

出光ユニテック本社で「子ども参観日」を初めて開催

2019年7月31日、出光ユニテックは本社オフィスで「子ども参観日」を初めて開催し、本社勤務の4家族から6名の子どもが参加しました。子どもたち...

リスクマネジメント
リスクマネジメントの取り組み

事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)の取り組み

当社グループは、首都直下地震版、南海トラフ巨大地震版、新型インフルエンザ版のBCPを策定しています。各種BCPに基づく総合防災訓練を毎年実施し、各拠点...

出光グループのサステナビリティ
中期経営計画

セグメント別営業利益+持分法投資損益

  2019年度対比の主な増減要因 燃料油 +640 ...

ESGデータ
環境

(タイトル非表示)

2016~2018年度の各データについて、上段は出光グループ、下段は昭和シェルグループの数値です。(昭和シェルグループの2018年度実績の報告対...

社会貢献活動
Relations with People:Environmental Photo Contest "Watashi no Machi no ○ to ×" (Things to Preserve and Correct around Our Town)

環境フォト・コンテスト「わたしの街の○と×」

環境フォト・コンテスト「わたしの街の○と×」の詳細はこちらをご覧ください。

職場風土改善・やりがい向上の取り組み
社内表彰

所内業務を改善しよう、事例発表会を開催!

愛知製油所では、個人のモチベーションアップを含めた活動の活性化を目的に、2020年2月6日に所内業務改善事例発表会を開催しました。運転を携わる...

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み② 環境配慮型商品・サービスの供給

石炭ボイラ制御最適化システム(ULTY-V plus™)販売

日本郵船グループとボイラ制御最適化システム「ULTY-V plusTM」を共同開発しました。本システムの導入により石炭使用量が約1%削減でき、...

知的財産
具体的な取り組み

情報解析

事業でグローバル競争に打ち勝つには、業界内における当社グループの知的財産権の強みと弱みを把握するとともに、競合企業との競争力を比較分析することが必要で...

気候変動対応
出光グループのGHG削減目標とモニタリング指標

出光グループのGHG削減目標とモニタリング指標

CO2削減を考える際には、環境面への貢献だけでは不十分と認識しています。環境貢献と同時に、将来の低炭素社会への移行を見据えた、より低炭素なエネ...

社外取締役メッセージ
社外取締役メッセージ

社外取締役 橘川 武郎

エネルギーを供給し続けるとともに、 脱炭素社会の構築に資するイノベーションを 社外取締役 橘川 武郎 ...

知的財産
知的財産に係る外部表彰

知的財産権制度活用優良企業等表彰 知財功労賞 特許庁長官表彰 (2018年4月11日)

当社は、知的財産権制度活用優良企業等表彰として平成30年度知財功労賞「特許庁長官表彰」を受賞しました。 知財功労賞とは、経済産業省特許庁にお...

職場風土改善・やりがい向上の取り組み
取り組みの全体像

取り組みの全体像

全ての社員が働きがいを持って、活き活きと働くことができる、より良い会社の共創を目指し、インナーコミュニケーションの活性化を図っています。社員と経営層が...

廃棄物削減
廃棄物削減

考え方、実績

当社グループでは、廃棄物の発生量の削減とともに、資源の有効利用の観点から原材料の再利用やリサイクル原料の活用を進めることで、環境負荷の低減に努めていま...

循環型社会への対応
取り組み① プラスチックリサイクル

プラスチックリサイクル

石油精製の分解設備を活用して、回収したプラスチックを分解して化学原料に戻すケミカルリサイクルの実用化に取り組んでいます。 また、海洋プラ...

パートナーとの協働
特約販売店との協働

有事に備えるきっかけに!特約店・販売店のためのBCP策定セミナーを開催

2020年6月17日、7月7日の2回にわたり、対面とオンラインを併用したBCP(事業継続計画)策定セミナーを開催しました。特約店・販売店5社か...

環境マネジメント/環境ポリシー
環境マネジメント体制 / 環境マネジメントシステム

環境マネジメントシステム

当社グループの環境マネジメントシステムは、右図記載のように、安全環境本部を軸としたグループ全体の大きなPDCAサイクルと、各事業部門のPDCAサイクル...

安全の確保
製造部門 技術研修センター主催の教育

保安教育の強化

技術研修センターでは、保安教育の強化を図っています。例えば、直長または代行者(直長補佐)を対象に、指揮者としての緊急時・非常時の措置判断力向上を目的と...

生物多様性の保全
取り組み⑤ 外航輸送におけるバラスト水対策

サスティナビリティの取り組み
イニシアチブへの参画

イーズ未来共創フォーラムへの参画

当社は、地球環境問題などに精通し、数多くの日本企業へのCSR・CSV経営へのコンサルティングを展開、国政や地域行政への提言も重ねられている枝廣淳子氏が...

リスクマネジメント
リスクマネジメントに関する考え方 / 推進体制

リスクマネジメント推進体制

リスク経営委員会 取締役会が監督する「リスク経営委員会」が経営リスクを所管し、グループ経営に関わるリスクマネジメント方針の決定とマネジメント状況...

人材育成
人事戦略の基本的な考え方

人事戦略の基本的な考え方

当社は「人の育成」という経営の目的を実現するために、人の力の無限の可能性を信じ一人ひとりが自身の成長に限界を設けず、その能力を最大限発揮するとともに、...