新着情報

1985/08/14
テスト
人材育成
経営人材の育成

リーダーシップ形成を目的とした異業種交流研修

自分の信念に基づいたリーダーシップを発揮できる人材育成を目的に、他社(日用品業界・保険業界)と共催で、中堅社員を対象とした異業種交流研修を20...

生物多様性の保全
主要事業拠点と生物多様性の観点で保護が必要な地域との近接状況把握

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み③ 再生可能エネルギー発電の拡大

再生可能エネルギー発電の拡大

当社グループはより低炭素なエネルギー供給を目指す上で、2020年10月末現在で海外ではベトナムなどで、国内では新潟、大分、神奈川、青森などの各地で太陽...

職場風土改善・やりがい向上の取り組み
取り組みの全体像

取り組みの全体像

全ての社員が働きがいを持って、活き活きと働くことができる、より良い会社の共創を目指し、インナーコミュニケーションの活性化を図っています。社員と経営層が...

生物多様性の保全
取り組み④ 環境教育の場の提供

サプライチェーンにおける環境への影響
各製油所・事業所の環境データ

千葉事業所(石油化学)

  単位 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 ...

気候変動対応
GHG削減に向けた取り組み⑤ 革新的技術の開発・社会実装

経団連「チャレンジ・ゼロ」への参画

当社は、一般社団法人日本経済団体連合会(以下、経団連)が日本政府と連携し、気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」が長期的なゴールと位置付ける「脱炭素社会...

サスティナビリティの取り組み
産学の連携

苫小牧高専との共同研究がスタート双方の高度な専門性を生かして課題を解決!

北海道製油所が苫小牧工業高等専門学校との共同研究を始めました。当社と高専が持つ高度な専門性を生かし、石油精製設備の外面腐食の防止や排水処理設備...

サスティナビリティの取り組み
サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

当社は、サステナビリティの視点を踏まえた経営を実践するため、専任組織であるサステナビリティ戦略室を設置しています。サステナビリティ戦略室は、気候変動や...

デジタル変革の取り組み
デジタル変革の取り組み

企業間連携による共創(Digital for Ecosystem)

デジタル変革の第三の取り組みは、地域社会に資するまったく新しいビジネスを創出することです。しかしそれは、当社だけで成し遂げることはできません。ヘルスケ...

サスティナビリティの取り組み
イニシアチブへの参画

イーズ未来共創フォーラムへの参画

当社は、地球環境問題などに精通し、数多くの日本企業へのCSR・CSV経営へのコンサルティングを展開、国政や地域行政への提言も重ねられている枝廣淳子氏が...

安全の確保
部門・グループ会社における取り組み

出光タンカーと昭和シェル船舶が「用船安全会議」を合同開催

2019年6月6日、出光タンカーと昭和シェル船舶は合同で、両社が用船※している国内の船会社を対象に「用船安全会議」を開催、関係者約80名が参加...

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み
多様な社員の活躍を支援する制度

各種制度利用実績(2019年度)

(単位:名) 制度名 全体 男性 女性 産前産...

安全の確保
実践的な消火活動訓練

千葉事業所で総合防災訓練を実施

2019年9月20日、千葉事業所は姉崎消防署と合同で総合防災訓練を行いました。地震によってナフサタンク浮き屋根部から火災が発生したという状況を...

品質管理・品質保証
品質管理・品質保証の取り組み

品質に関する社員教育・啓発

当社グループでは社員の品質意識の向上を目的とした教育・啓発活動を実施しています。各事業部門、関係会社における品質保証活動を推進すべく、品質担当役職者に...

サスティナビリティの取り組み
SDGs理解促進の取り組み

取り組み事例

各分野の専門家、加盟国、各種ステークホルダーの意向が結集されたSDGsは、当社グループが社会と共に持続的成長を目指す上で非常に参考となるものです。また...

サスティナビリティの取り組み
ステークホルダーとの対話 実績

お客様センターの取り組み

私たち「出光お客様センター」では、「お客様のお声」を大切に取り組んでおります 当センターでは、お客様のお問い合わせにお答えするだ...

サスティナビリティの取り組み
イニシアチブへの参画

クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)への参画

当社は、海洋プラスチック問題の解決を目指す、「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」(英文名:Japan Clean Ocean Mater...

知的財産
研究開発の具体的な取り組み

クラゲ(海月)由来コラーゲン・ムチンの活用

最近ではクラゲはその美しい姿で水族館の人気者ですが、漁業や沿岸企業の事業などに悪影響を与えることがあり、廃棄にも費用が掛かるため、資源としての活用が世...

過去のレポート
過去のレポート

(タイトル非表示)

過去5年間分のサステナビリティレポートを掲載しています。 最新のレポート(出光統合レポート2021、出光サステナビリティレポート2021)はこち...

出光グループのサステナビリティ
各種方針類

出光グループ コンプライアンス行動規範

法令、ルール・モラルの遵守 私たちは、国内外の法令、社会倫理、社内規程、契約を遵守し、良き企業市民として誠実に行動します。 ...

パートナーとの協働
特約販売店との協働

特約販売店との協働

当社は、全国1,209店の特約販売店、6,384カ所のSS(サービスステーション)が一体となり、強力なネットワークを形成し各事業を展開しています。特約...

社外取締役メッセージ
社外取締役メッセージ

社外取締役 橘川 武郎

エネルギーを供給し続けるとともに、 脱炭素社会の構築に資するイノベーションを 社外取締役 橘川 武郎 ...

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み
障がい者の活躍推進

基本的な考え方

当社は、障がいのある方も能力を発揮して働くことのできる環境を整え、機会を提供する取り組みを行っています。本社事業部門や全国の各拠点での業務に加え、...