新着情報

1985/08/14
テスト
水資源保全
水資源保全

製油所・事業所における水の循環利用の強化

製油所は当社グループの事業活動の中でも大量の水を使用する拠点であるため、排水基準を守るだけではなく製油所における水使用量削減に取り組んでいます。製油所...

品質管理・品質保証
品質管理・品質保証

基本的な考え方

当社グループでは、品質に対する基本的な考え方を「製品の安全性を確保し、人と環境にもたらす影響を最小化するため、提供する製品・サービスの開発から消費もし...

パートナーとの協働
パートナー企業との協働

ソーラーフロンティア、千葉銀行とビジネスマッチング契約を締結。再生可能エネルギーの導入をさらに幅広いお客様へ提案

ソーラーフロンティアが2020年10月、(株)千葉銀行とビジネスマッチング契約を締結しました。これにより同行の取引先企業のうち、再生可能エネル...

サスティナビリティの取り組み
ステークホルダーとの対話 実績

主な需要家セミナーの開催実績(2020年度)

2020年度の需要家セミナーはオンラインでの開催が中心となりました。場所にとらわれずご参加いただけ、参加人数が増加しました。これからもビジネスに役立つ...

地域創生
コミュニティ共創・ライフサポート

宮崎県国富町役場での車両管理システムと連携したエネルギーマネジメントシステムの構築と実証実験 の実施 ~エネルギーコスト・環境負荷の低減と災害時のレジリエンス向上を目指して~

2021年10月、当社は日本ユニシス株式会社、株式会社スマートドライブとともに、宮崎県国富町の国富町役場の敷地内において、エネルギーコストや環境負荷の...

研究開発・知的財産活動
研究開発

研究開発体制

当社グループの研究開発体制は、コーポレート研究を主管する「次世代技術研究所」と、各部門にひも付く研究所から構成されており、各研究所において専門的な開発...

安全の確保
安全・衛生に関する取り組み

東京油槽所に海水利用型消防水利システム搭載の新型防災車両を配備

2020年2月、当社は東京油槽所の防災能力向上のため、新たに防災車両を配備しました。「海水利用型消防水利システム」を搭載しており、首都直下型地震などの...

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み
女性社員の活躍推進

基本的な考え方

当社は、女性活躍推進をD&I推進の重点施策の一つと位置付け、女性を含む全ての社員が活き活きと働き、さまざまなステークホルダーと新たな価値を共創...

税務戦略
税務戦略

税務コンプライアンス違反への対応

税務コンプライアンス違反が発生した場合は厳正に対処し、かつ、当社グループが定める規程類に沿って再発防止策を講じてまいります。

地域創生
エネルギーの地産・地消

山口県周南市の木質バイオマス材利活用推進協議会へ参画 ~エネルギーの地産地消と林業振興に向け、木質バイオマス材利活用を実証・推進~

2021年1月、当社は、山口県周南市が発足した木質バイオマス材利活用推進協議会に、協議会委員として参画しました。協議会では、豊富な森林資源とバイオマス...

リスクマネジメント
リスクマネジメントの取り組み

総合防災訓練の実施

2007年から、BCPの実効性を高めることを目的に「総合防災訓練」を毎年実施しています。2021年度は9月に15回目となる訓練を実施しました。...

新型コロナウィルス(COVID-19)への出光グループの取り組み
新型コロナウィルス(COVID-19)への出光グループの取り組み

社会貢献活動

出光グループでは感染症治療にあたる医療従事者や自治体への感染防止対策支援として、フェイスガードなどの寄贈を通じ、社会貢献ならびに地元貢献を行っています...

気候変動対応・カーボンニュートラルへの挑戦
GHG削減に向けた取り組み⑦ 革新的技術の開発・社会実装

経団連「チャレンジ・ゼロ」への参画

当社は、一般社団法人 日本経済団体連合会(以下、経団連)が日本政府と連携し、気候変動対策の国際的枠組み「パリ協定」が長期的なゴールと位置付ける「脱炭素...

研究開発・知的財産活動
知的財産活動

知的財産教育

従業員の知的財産マインド※の醸成と事業や研究に必要な知財知識の習得のため、特許出願コース、情報調査コースや技術契約コースなど複数のコースからなる研修体...

パートナーとの協働
特約販売店との協働

SSスタッフ向けのマガジンを創刊

2019年10月18日に、SSスタッフ向けマガジンを創刊しました。昭和シェルと出光のSSで働くスタッフに、お互いのSSをよく知ってもらうための...

コーポレートガバナンス
コーポレートガバナンスの考え方 / 体制

基本的な考え方

当社は、エネルギーの安定供給とともに社会課題の解決に貢献することが当社の責務と認識しています。そこで、「責任ある変革者」を2030年ビジョンとして掲げ...

循環型社会への対応
循環型社会への対応

循環型社会に関する考え方 

当社グループは、これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄の社会を変革するとともに、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷を可能な限り低減する社会を形成する...

コンプライアンス
コンプライアンス推進活動

贈収賄・腐敗防止

当社グループでは、コンプライアンス行動規範において、国内外のあらゆる形式の腐敗を防止する旨を定めています。さらに、贈収賄防止について順守すべき基本的な...

ESGファイナンス
ESGファイナンス

(タイトル非表示)

トランジションボンドの概要 銘柄 第15回無担保社債(トランジションボンド) 第16...

気候変動対応・カーボンニュートラルへの挑戦
GHG削減に向けた取り組み⑤ バイオマス燃料の供給拡大

バイオマス燃料の供給拡大

再生可能エネルギー発電と同様に、当社グループはより低炭素なエネルギー供給を目指すうえでバイオマス燃料への取り組みを進めています。具体的には、石炭火力発...

生物多様性の保全
取り組み④ 環境教育の場の提供

気候変動対応・カーボンニュートラルへの挑戦
基本姿勢 / シナリオ分析に基づくリスクと機会の特定

シナリオ分析に基づくリスクと機会の特定

シナリオ分析 現在、コロナ禍により、当社の主力である燃料油事業は需要減少に見舞われています。2020年の世界の石油需要は、前年比マイナス9百万バ...

人材育成
具体的な取り組み

グローバル人材の育成

NS幹部が講師を務める研修で役職者のリーダーシップスキルを磨く 2021年6月10日、出光オーストラリアリソーシス(IAR)は第3期(2...

気候変動対応・カーボンニュートラルへの挑戦
カーボンニュートラルへの挑戦

カーボンニュートラルに向けた取り組み

2050年カーボンニュートラルへの挑戦 当社は、2050年までに、自社操業に伴う排出量(Scope1+2)のカーボンニュートラル(=CO₂排出量...